※今回はいつもの日常記事ではありません。予めご了承ください。


我が家のアイドル、チワワのココ。今年で17歳になりますが、少し耳が遠いぐらいで
目もよく見えて食欲もあって、よく年齢を言うと驚かれるほど、若々しい子です。

coco_6074
↑まだ元気だった頃のココ。

そんなココが、年末年始の帰省中に後ろ右脚をかばうようになりました。
家に帰ってからもそれが続き、病院に連れて行くことに。

最初の病院Aでは【年齢による関節痛】と診断されました。
関節に効くサプリを飲ませていましたが、完全に右脚を付けずに3本足で歩くようになったので
別の病院に連れて行きました。このとき初めて発作のようにもがき苦しむ症状が出ました。
次に行った病院Bでレントゲンを撮りましたが、骨折もヒビも入っていない。
脚は恐らく靭帯を痛めたんだろうということで経過観察。
それよりも心臓の方が治療が必要と言われ、年齢を考えるとおかしくはないので
(心臓病は犬によくある病気らしい)それに対する薬を処方されました。

一週間ほど薬を飲ませていましたが、見るからに体調が悪くなっていきました。
心臓病を専門にしている病院Cを紹介され、レントゲン、血液検査、心電図、エコーと一通りの検査をしました。
また、前日に発見した腰のしこりも検査してもらいました。

検査の結果は、【骨肉腫(もしくは軟骨肉腫)】と【腎不全】

骨盤付近に発ガンした骨肉腫は、周辺の骨を溶かしていました。
まだ転移は見られないものの、骨肉腫はとても痛みがひどい病気だと・・・。
右脚を痛がっていたのは(恐らく)これが原因とのことでした。
16歳という年齢もあって、抗がん剤治療はリスクが高すぎる(全身麻酔に耐えられない)ので
できるだけ痛みを和らげ、残りの人生を穏やかに過ごせるように、緩和治療を選択しました。

ただ、今は腎不全の方が一刻を争う状態で、毎日ヒヤヒヤしています。
(1/25時点で、尿素窒素(BUN)が140オーバーで計測不能。クレアチニンが2.6)
とにかく食欲がなくなってしまったので食べさせるだけでも一苦労・・・。
現在毎日の皮下補液(点滴)を自宅で開始し始めたところです。
これをすると大分楽になるみたいで、自力で歩いたり食欲も多少戻ります。

あと何ヶ月、或いは何週間一緒にいられるか分かりません。
腎不全は完治する病気ではないので、少しでも楽になれるよう
少しでも安らかに逝けるよう、やれることは全てやろうと試行錯誤の日々です。
ネットで調べたり(今は2chの”腎不全の犬”スレを熟読中)病院で聞いたり・・・
全く食べない日もありましたが、生の牛肉は何とか口にしてくれました。
元々甘いものに目がなかったので甘いものは今のところ喰いつきがいい(犬用クッキーなど)
ネフガードという活性炭のサプリと、水素のサプリも良いみたいなので
飲ませてみようかと考えています。

もし、実際に愛犬がガンや腎不全になった経験がある方がおられましたら
どんな情報でもいいのでアドバイスをいただければ幸いです。
犬が食欲がないときはどんな食べ物に反応しやすいかなど・・・
また、腎臓ケアのフードでおススメのものなどありましたら教えていただきたいです。

正直、未だに受け入れられない部分もあります。
でも今はまだ悲しんだり、弱音を吐いたりしていられない。
限られた時間、いっぱい『大好きだよ』、『いい子だね』と笑顔で接してあげたいです・・・。

coco_6329
↑ここ最近は特設の入院施設で生活。この時は調子良さげ。少し痩せました・・・(;_;)

支離滅裂な文章で申し訳ありません。
皆さまの力を少しだけお借りできればと思い、ブログにしました。
何卒よろしくお願いいたします。