20150329_120150329_220150329_320150329_4
どうも、ヨメちゃんです!
今回はダンナちゃんのお母さんのお話です(o'∀')ノ

武勇伝いっぱいのダンナちゃんのお母さん


16歳~17歳の頃に、当時付き合っていた彼女が急遽大阪⇒九州に引っ越すことに。その頃は親に内緒でお付き合いをしていたので、お見送りもあくまで友だちの立場ででした。
ちゃんとお別れができず、心残りと彼女と離れ離れになってしまった寂しさでめそめそしていたダンナちゃん。そんな姿を見て、お母さんは10万円を渡して『彼女の元へ行ってこい!』と送り出したそうです。うーん・・・なんて男前な(笑)

新幹線で九州に向かい、無事ホテルで一泊。彼女とちゃんとお別れができたそうです。
ちなみにこの彼女とは10年くらい続いたそうな。なかなか面白い人だったみたいで、私も話を聞いただけですが一方的に好きです(笑)美人さんやし!昔の写真を見ながら、よく若い頃のことを話してくれます(*´ω`*)自分が知らない頃のことを聞くのは楽しい!

親にはまだカミングアウトはしていなかったそうですが、実は色々気付いていたみたいです。その上で、男子ならめそめそ泣くな!泣いて後悔する前に行動しろ!!と背中を押してくれたんでしょうね~。
後にGIDということをカミングアウトした際も、最初は困惑したものの持ち前の明るい性格で『娘ばっかやと思てたけど、息子が出来て嬉しいわ~!アッハハハー!』と笑い飛ばしてくれたそうです。ずっと接客業をしているので、そういった偏見もなく柔軟に受け入れてくれたのでしょう。

また、幼少期から『泣くな』『泣くな』と、強く生きろと育てられたそうです。
今のダンナちゃんがあるのはお母さんの育て方も影響してるんだなぁと思うと、感謝ですね!
そして幼少期のダンナちゃんが可愛過ぎて・・・!!そらお母さんダンナちゃんのこと大好きやわな!!かわいいもん!!!まぁ今でも十分かわいいですけどねでゅふふ♡すんごい面影あるし(笑)

201503300004フォルムは今もこんな感じ(
201503300005散髪中に寝ちゃうなんて、かわゆい~(*´ェ`*)♡♡